ヒマトークで元同級生と出会えてエッチしちゃった体験談

 新潟県のセフレ募集を、ハッピーメールでしたところ、出会ったのは高校時代の同級生でした。
メール交換の段階では、気づきませんでしたがアポして初めて分りました。
さすがにその時は焦りました。

 

 まだ独身で、彼女もいない一人暮らし。
生活を華やかにしたいと考え、出会い系のヒマトークに登録しました。
住んでるのは新潟県です。
新潟県のエッチができる女の子を探すため、アプローチメールをたくさん送信していきました。
無事にアポまで持っていけたのは同い年の有美。
この時点で写真交換も終わらせておいたのですが、気づかなかったのです。

 

 待ち合わせ場所で、何だか見たことがあるな?
と感じてしまいました。
それは相手も同じだったようです。
「もしかして、同級生?」
「えっ…有美、同じクラスの?うそだろう」
2人して、顔を真っ赤にして驚きあいました。
さすがに、すぐにラボホテルなんて気にもならず。
近場のカフェで話をすることになりました。

 

 さすがに当初は気まずい雰囲気が流れていましたが、話していくうちに懐かしさも込み上げてくる感じでした。
「まさか、出会い系で再会するとは…」
「本当、なんで逢介なんだよって(笑)」
「失望したの?」
「そんなことないよ」
「どうする、イヤなら止めても問題ないよ」
「せっかく会ったんだし…」
有美はバツイチになって、一人暮らしだったようです。
「なら、行くか」
「うん」
にっこり笑った有美が、とても魅力的に感じてしまいました。

 

 同じクラスだった女子と、セックスするとは思ってもいませんでした。
互いに性欲の方は高まっている状態。
ホテルに入れば、さっさと裸になり抱き合っていきました。
有美にフェラをされて、感慨深いもの感じつつも、しっかり快楽を味わってしまう自分。
有美のよく濡れたオマンコもしっかりと舐めまくってやりました。
安全日を確認し、コンドームなしでの挿入でした。

 

 帰り際、有美から言い出しました。
「また会ってくれる?」
「ああ、今日みたいに楽しむか?」
「うん」
後日、再開する約束にもなりました。